FANDOM


加来耕三 (かく こうぞう、1958年10月29日 - )、本名川崎耕一は、大阪市出身の歴史家作家。血液型O型、(株)加来耕三事務所代表。古流剣術タイ捨流免許皆伝。 合気道四段。川崎家は東軍流宗家であったが、加来耕三の祖父が第二次世界大戦で戦死したために、一子相伝の奥義のみ伝承されなくなった。それ以外の技法は、加来耕三が祖父の弟子達からすべて学び、現在初伝、中伝、奥伝にあたる部分のみを伝承している。東軍流17代宗家として『東軍流兵法史』を監修している。

来歴 編集

1981年奈良大学文学部史学科卒業後、学究生活に入り同大学文学部研究員として2年間勤務後、1983年より執筆活動を始める。テーマは歴史的に正しく評価されていない人物・組織の復権に定める。講演活動やテレビ「その時歴史が動いたNHK)」「午後は○○おもいッきりテレビ日本テレビ)」等・ラジオ「日本全国8時ですTBS)系」等の出演・監修・時代考証も数多くこなす。2009年10月より地方ラジオ局向けに「加来耕三のSAMURAIヒストリアス」が放送を始めた。

一方、静霞薫(しずかかおる)・逢河信彦(あいかわのぶひこ)というペンネームで、それぞれテレビアニメの原作者、マンガ評論家としても活動している。

主な著書 編集

  • 1984年 真説 上野彰義隊(NGS
  • 1987年 大久保利通と官僚機構(講談社)武田信玄と無敵軍団 (講談社)
  • 1988年 山本勘助・必勝の兵法(PHP研究所)織田信長 果断と独創(立風書房
  • 1989年 勝海舟と坂本龍馬(講談社)千利休・その生と死(PHP研究所)
  • 1990年 日本人は何を失したのか(講談社)『西郷隆盛 幕末・明治の風雲』(世界文化社
  • 1991年 歴史組織学 小さな力を大きな力に変える(かんき出版)突破できない難問はない(PHP研究所) 織田信長 果断と独創(立風書房)
  • 1992年 信長の野望(プレジデント社) 大局観の磨き方・養い方(PHP研究所) 企業立国・日本の創業者たち(日本実業出版社)
  • 1993年 三国志裏読み人間学(実業之日本社) 上杉鷹山・危機突破の行動哲学 (二見書房)90分でわかる日本史の読み方(かんき出版) 坂本龍馬の魅力学 (講談社)
  • 1994年 家訓・遺訓の叡智(廣済堂出版) 不敗の宰相 大久保利通(講談社)
  • 1995年 日本史・人物「その後のはなし」(講談社) 歴史がわかる辞典(日本実業出版社)
  • 1996年武闘伝(毎日新聞社)豊臣秀吉大事典(新人物往来社) 「孫子の兵法」の使い方(三笠書房) 小説版るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-巻之一(静霞薫名義・集英社 ジャンプ ジェイ ブックス
  • 1997年堂々日本史7巻 (NHK取材班編・KTC中央出版) 徳川慶喜とその時代(立風書房)  90分でわかる三国志の読み方(かんき出版) 小説版るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-巻之二(静霞薫名義・集英社 ジャンプ ジェイ ブックス)
  • 1998年 真説 上野彰義隊(中央公論社) 我に策あり 小説・坂本龍馬(日本経済新聞社
  • 1999年 非常の才 細川重賢 藩政再建の知略(講談社) 男と女の物語日本史(講談社) タケダ、シオノギ、タナベ 21世紀のサバイバル戦略 (二見書房) 教科書が教えない 日本史の名場面』 (扶桑社
  • 2000年 関ヶ原 家康と勝ち組の武将たち(立風書房) 人生を見きわめた 最期のことば (講談社)
  • 2001年 勝海舟と坂本龍馬 (学習研究社) 手にとるように日本史がわかる本(かんき出版) 面白いほどよくわかる日本史(日本文芸社)
  • 2002年 孫子に学ぶ 逆転の知略(講談社) 龍馬の謎 徹底検証 (講談社) 成せば成る(一二三書房
  • 2003年 図解雑学 五輪書(ナツメ社) 痛快にっぽん商人道(日本経済新聞社) 新撰組の謎徹底検証(講談社)
  • 2004年 日本警察の父 川路大警視(講談社) 織田信長全仕事(扶桑社) 義経の謎徹底検証(講談社文庫)
  • 2005年 今から目指せる歴史小説家 50歳過ぎてもチャンスはある(ポプラ社) 山内一豊の妻と戦国女性の謎徹底検証(講談社文庫)
  • 2006年 図解雑学 読みたくなる日本史(ナツメ社) 名家老とダメ家老(講談社) 逆転日本史 仮説で読み解く歴史事件簿(三修社) 「風林火山」武田信玄の謎 徹底検証(講談社文庫) 後継学 戦国父子に学ぶ(時事通信出版局)
  • 2007年 図解雑学 誰も知らない日本史の真実(ナツメ社) 新参謀学 戦略はいかにして創られるか(時事通信出版局) 連合艦隊99の謎(二見書房)
  • 2008年戦国武将の生命懸け損益計算書(土屋書店・知の新書) 英雄の食卓(中経出版・中経の文庫) 名君の条件 熊本藩六代藩主細川重賢の藩政改革(グラフ社) 直江兼続と関ヶ原の戦いの謎〈徹底検証〉(講談社文庫) うわさの日本史(NHK出版生活人新書)

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki