FANDOM


るろうに剣心

タイトル実写.jpeg

幕末の時代、「人斬り抜刀斎」と呼ばれる凄腕の暗殺者がいた。時は流れ、明治11年。東京で神谷活心流・人斬り抜刀斎を名乗る男が辻斬り事件が起きていた。また、同時に東京では阿片が流行していた。武田観柳という悪徳商人が高荷恵に中毒性の高い特性阿片を作らせていたのだった。神谷活心流の若き道場主・神谷薫剣心を道場の名を汚す人斬りだと勘違いし襲い掛かるが軽くいなされる。後には人斬り抜刀斎を名乗る鵜堂刃衛に遭遇し斬られそうになったところを剣心に助けられ、和解し剣心を居候させた。


京都の大火編/伝説の最後編

志々雄編.jpeg

ある日、緋村剣心は政府からの呼び出しを受ける。剣心が刀を置いてから人斬り家業を引き継いだ志々雄真実が政府の転覆を狙い暗躍しているのだという。政府は幾たびかの討伐を試みるも失敗。最後の手段として幕末最強と謳われた緋村抜刀斎の力を借りたいというのだった。悩んだ挙句、志々雄がいるという京都に向かう剣心だったが、その情報をつかんでいた志々雄はとある村で出迎えていたのだった。そこで、瀬田宗次郎と手合わせをすることになった剣心だが、剣客としての腕が鈍っている剣心はそこで愛刀「逆刃刀」を折られその実力の差を思い知らされる。志々雄は去り際に今のままでは相手にならない人斬りに戻ってから京都に来いと言い、剣心はただ打ちひしがれるしかなかった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki