FANDOM


志々雄真実(ししお まこと)は、和月伸宏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』、及びその派生作品に登場する架空の人物。

志々雄真実
志々雄.jpg
俳優 藤原竜也
流派 我流

プロフィール 編集

人物 編集

国盗りを狙う奸雄。幕末には長州派に組みし、緋村剣心から影の人斬り役を引き継いだが、味方から底知れない実力と野心を危険視され暗殺されかかる。全身に大火傷を負いながらも生き延び、維新後、明治政府転覆させるため一大組織を創設した。本作における最大の悪役。

容姿 編集

全身に包帯を巻き、頭に飾り付きの帽子を被り、着流しにブーツ、皮手袋を身に纏うという異様な姿をしている。なお帽子には奇襲対策の鉢金が隠されている。包帯の隙間から覗く危険な目つきが印象的。

性格 編集

作者の和月伸宏曰く、「自身の悪の美学の集大成」というキャラクター。「弱肉強食」を信念にしており、他人を糧にすることに一切の迷いも呵責も持たず、己の野望に邁進する。粋で酔狂かつ知性を感じさせる物言いとべらんめえ口調を交えた話し方をする。

弱者には容赦しないが、強者にはそれなりの敬意を払っており、部下からは熱狂的な支持を受けるカリスマ。安慈や宇水には自分に力を貸す代わりに一定の権限を与えている。また、志々雄のために蛇蝎となる覚悟を見せた方治に対しては「汚れ役を任せる代わりに自分の傍で勝利の味をいの一番に味わわせる」と言って奮起させるなど、度量が伺える。

彼の志向した社会像とは、弱肉強食をスローガンとした、徹底した自然淘汰による優者必勝社会であった。ただし劇中に登場する新月村の光景は「飢餓と恐怖が満ち、死体が散乱し村が荒廃する」というまさに地獄絵図のような惨状であった。この光景を目にした斎藤一は「これが志々雄が創り上げようとする日本だ」と述べた。

来歴 編集

緋村剣心が遊撃剣士となった後、桂小五郎に依頼され影の人斬り役を引き継いだ長州維新志士。剣の腕と頭の回転の速さは剣心と同等の実力者と評価されていたが、「弱肉強食」の信条で日本を牛耳らんと目論み、その常人には理解できないほどの功名心や支配欲を危険視される。その結果、戊辰戦争の最中に仲間の維新志士らの手によって、額に不意打ち(アニメでは銃弾)を喰らい重傷を負ったところに、全身に油をかけられ、火を放たれて焼かれる。

しかし、地獄の淵から蘇り、明治政府に対し復讐戦争を起こす。といっても、本人にとっては「復讐」はもはやどうでもよく、日本制覇の野望のために明治政府に戦いを挑むと同時に、剣客として互角とされる緋村剣心との、一剣客同士の勝負をも愉しもうとする。剣心との決闘では、前半は剣心を全く寄せ付けず、その後形勢を逆転させた剣心による飛天御剣流の奥義を立て続けに受けてもなお立ち上がり、剣心を圧倒する強さを見せる。最終的には、限界を超えた人体の熱量によって全身が自然発火し、業火に包まれながら高笑いを揚げて消滅する。

死後は地獄にて由美、方治を従えて「閻魔相手に地獄の国盗り」を行うと宣言し、大きく高笑いを揚げながら本編から退場する。死後は、剣心に負けたとは毛ほども思っていないようで、「時代が奴を選んだ」「ここ(地獄)には悪人しかない」と楽しそうに語っていた。

人誅編にて、雪代縁によって生き地獄に落とされ、落人村に身を落とした剣心の前に現れた(本人は「お前を嘲笑いに来ただけ」と述べている)。

戦闘力 編集

全身を焼かれて以後、体の発汗組織がほぼ全滅したことで発汗による体温調節ができなくなり(本人曰く「地獄の劫火の残り火」)、常時全身に高熱を帯びている。彼の体内には内燃機関に近いものが備わっており、その剣気の昂ぶりは、周囲の巨大なをも影響を受けるほど絶大なものである。反面、体温調節ができないために全力で闘えるのは15分間とされており、それを超えると体温が高まり続けてどうなるのかわからない(作中では、最終的に人体発火してしまった)。数多の死線を潜り抜けてきたせいか、観察力・洞察力も人一倍鋭く、人の心理も見抜くほどである(夷腕坊の正体・外印の存在には言及してないため、気付いていたかどうかは不明)。

その戦闘力は、実戦に数年のブランクがあるにもかかわらず、(全員が相当の深手を負っていたが)剣心・斎藤一相楽左之助四乃森蒼紫といった実力者4人を次々と圧倒するほどの強さである。逆刃刀とはいえ、剣心の攻撃を受けながらも平然と反撃したり、一度見たとはいえ龍翔閃を片手のみで白刃取りして破ったり、斎藤の牙突・零式を軽く受け流して肩に貫手を突き刺したり、左之助の二重の極みを頬にくらってもまるでびくともせず、直後に正拳で吹き飛ばしている。力の強さだけでなく、紅蓮腕を剣心に弾き返された直後に、龍槌閃からの龍翔閃、さらに龍巻閃・「凩」「旋」「嵐」の計5連撃を食らってもなお倒れなかったことも、志々雄の尋常でない耐久力の高さを示している。

しかし四乃森蒼紫と戦闘中、紅蓮腕をくらい意識不明に陥っていた剣心が限界を超えて覚醒。それまでにない激しい死闘を演じる。剣心の奥義・天翔龍閃をくらい、全力で戦える時間の限界を超えて瀕死に陥りながら、尚も立ち上がり剣心を追い詰めた。最期は立ち上がり、刀を振り下ろす寸前(アニメではそれを剣心が受け止め、地面に亀裂が生じ数秒間こらえた直後)、己の体温が血液を蒸発させてしまうほどの臨界点に達したために人体発火を引き起こし、駒形由美の遺体とともに消滅してしまう。剣心を最後まで圧倒し続けた極めて稀な人物である。

後に発売された「剣心華伝」で、作者は剣心対志々雄の勝敗の結果は、「志々雄の勝ち逃げ」と語っている。

無限刃 編集

読みは、「むげんじん」。新井赤空作最終型殺人奇剣。どんな名刀であれ連続して人を切り続ければ刃がこぼれ、引っ掛かりを生じ、切れ味が鈍く変わっていく。ならば予め刃をこぼして状にすることで、殺傷力を一定に保つことを可能にした刀(ただし、剣心は「斬撃の鋭さに比べて傷は深くない」と語っている)。加えて、刃には志々雄がこれまで斬った人間の脂が染み込んでおり、摩擦熱を用いなくとも刀身を発火させることが可能(人斬り抜刀斎の後継者となった時点で、既に相当数の人間を斬っていたようである)。発火領域は鍔元から切っ先まで。

尚、少年ジャンプ初出時は「不変刃(ふへんじん)」という名だったが、後に改変された。

再筆では分厚い鍔と石綿入り柄巻の装飾品が余計な延焼を防ぐ仕組みになっており、鞘には火薬を染み込ませた黒革を巻いている(紅蓮腕や火産霊神に使用)。

秘剣 編集

志々雄の我流剣術。火を操る。無限刃と志々雄真実の両方の能力があり成立する剣術。

焔霊(ほむらだま)
壱の秘剣。地面や鞘との摩擦熱で刀の切っ先にをつけて斬りつける技で、斬撃と火傷を同時に与えることができるうえに相手の目をくらます効果も持つ。
剣心の跡を継いで人斬りとして活動し始めた時には既にこの技は使えていた。
紅蓮腕(ぐれんかいな)
弐の秘剣。相手を掴んだ後、手甲の表に仕込んだ火薬を焔霊で点火して爆発させる。技の型のモチーフは『サムライスピリッツ』の風間火月の技の1つで、「大爆殺」。名前のモチーフは同じく火月の「紅蓮脚」。
あまりにも大爆殺そのままの描写だったため、単行本では作者がSNKに対して謝罪の意の文を載せている。
再筆では手甲ではなく鞘に巻いた黒革(火薬が染み込まれている)を引きちぎって爆発させる。
火産霊神(カグヅチ)
終(つい)の秘剣。焔霊をさらに強力にした剣術。鍔元から切っ先に至る無限刃の全発火能力を解放することで刀身全体を燃え上がらせ、巨大な竜巻状の炎とともに斬りつける。直撃すると巨大な火柱が相手を包み込む(PS2『炎上!京都輪廻』より)。
本編では不発に終わり、その全容が完全に判明したのはPS2『炎上!京都輪廻』に登場したときであった。
再筆では鞘に巻いた黒革(火薬が染み込まれている)を全て引きちぎって使用する。
名前は記紀神話における火の神、カグツチに由来する。

備考 編集

人物像のモデルは、新撰組筆頭局長芹沢鴨

維新志士時代の姿はオールバックで、外見のモデルは『サムライスピリッツ』の牙神幻十郎。作者は元々志々雄の過去の姿は出さないつもりだったため、そのデザインは考えていなかったのだが、結局京都編の序盤で志々雄の過去の姿を登場させる事になり、牙神そっくりになってしまった(作者もその事で謝罪している)。その後、コミック21巻(完全版16巻)でも1コマだけ焼かれる前の顔が登場している。ちなみに、OVAの『追憶編』やPS2『炎上!京都輪廻』ではシルエットのみで顔は出していない。

包帯姿の大本のモデルは『犬神家の一族』の青沼静馬。元々は青沼静馬と同様、人面のラバーマスクをかぶったキャラクターにするつもりだったが、白黒漫画ではマスクの質感が出しにくく、痛々しさも伝わりにくいという理由で、包帯に変更となった。

後に『エンバーミング-DEAD BODY and LOVER-』にて、ジョン・ドゥにリボーンされた。また『武装錬金』では、武藤まひろが津村斗貴子に包帯を巻いた際、1コマだけ斗貴子の顔が志々雄の顔になっている。

完全版第14巻の再筆:緋村剣心との最終決戦仕様の服装で(リファインではない)、黒南蛮鉄の胴当や鉢金を着用している。ただし無限刃(後述)の設定は多少変わっている。戊辰戦争に参加していないため、陣羽織を着てみたかったという理由で着用するなど気ままな一面を見せる。

劇場版『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌』の時雨滝魅(しぐれ たきみ)も、そのリボーンとされている。

関連項目 編集

  • 超こち亀 剣心との戦いの最中に突如鎧武者姿の大原部長が「両津はどこだ」と乱入し、唖然としている姿が描かれた。



ar:شيشيو ماكوتوes:Makoto Shishio fr:Makoto Shishio it:Makoto Shishio pt:Makoto Shishio

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki