FANDOM


L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > 虹 (L'Arc〜en〜Cielの曲)

テンプレート:Infobox Single』(にじ)は、L'Arc〜en〜Cielの7作目のシングル。1997年10月17日発売。発売元はKi/oon Sony Records(現Ki/oon Records)。

解説 編集

同年の2月にドラマーのsakuraが逮捕され活動休止状態となっていた、L'Arc〜en〜Cielの活動再開シングル。hydekentetsuyaの3人構成のラルクとして唯一発表されたシングルであり、このことについてメンバーは「この曲は3人で出さなければならない」と語った。タイトルはバンド名である「L'Arc〜en〜Ciel」を日本語に訳したものである「空にかかる弧=」と付けられ、奇しくもこのシングルがラルクにとって7作目にリリースするシングルであり、虹の色数である7とリンクしたものとなった。

なお、本来7thシングルになるはずだったのはフジテレビアニメるろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のエンディングテーマだった「the Fourth Avenue Cafe」で、同年3月26日に発売される予定だったものが前述の事件で発売予定が全て白紙となり(後に2006年8月30日発売)、アニメでも曲が差し替えられた。その縁からか本曲は「劇場版 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌」のオープニングテーマに起用されることとなった。

前年の11月21日に発売された「Lies and Truth」以来のシングルで、シングルでは自身初のオリコンチャートTOP3入りを果たした。初動売上はシングルでは初の30万枚を突破し、最終的に当時の自己最高となる70万枚以上を売り上げた。

収録曲 編集

  1. ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント配給「劇場版 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌」オープニングテーマ。
    元曲は活動休止中にリフレッシュのためメンバー全員でイギリスに行った際、kenが買ったギブソンアコースティックギター・「J-45」で作曲されたものである。ken曰く、その楽器屋の店員にせがまれたので買って弾いてみたところこの「虹」が出来たらしい。詞は全体的にhydeが得意としている叙情的な詞であるが、一部の詞は「『新世紀エヴァンゲリオン』を意識したもの」ということらしく、その部分はtetsuyaがリクエストしたと言われている。
    レコーディングの際には、サポートドラマーとして元DIE IN CRIESZI:KILLで後にラルクの正式メンバーとなるyukihiroが初参加。それまでのsakuraの重く響くドラムから、yukihiroの緻密なドラムへとサウンド面で大幅な変化を見せた。
    間奏中の台詞は復活ライブのTシャツに書かれ、またCD音源で読み上げているのはhydeだが、ライブではkenが読み上げることもある。
    2005年に出演した『ミュージックステーション』で司会のタモリに「ラルクの中で大切にしたい曲はある?」と聞かれた際、hydeはこの曲をあげた。
    アルバム『HEART』には「Album Version」が収録され、シングルと少しミックスが異なる。PVのバージョンも違っており、間奏のhydeの語りの部分のみが聞き取りやすいアレンジになっている(他の部分はアレンジ無しのシングルバージョン)。
    近年ライブで演奏されることは少なくなっているが、「21世紀に残したい曲は?」と質問された際にこの曲を挙げるほどメンバーにとって非常に思い入れの深い曲であるため、ライブでは本編のラスト曲やアンコールのラスト曲として演奏される事がある。
  2. THE GHOST IN MY ROOM
    • 作詞・作曲:hyde 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Takeyuki Hatano
    1999年以降、ライブで演奏していない。

参加ミュージシャン 編集

収録アルバム 編集

テンプレート:L'Arc〜en〜Cieles:Niji zh:虹 (彩虹樂團單曲)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki