FANDOM


逆刃刀(さかばとう)は、和月伸宏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場する架空の日本刀

概要編集

主人公・緋村剣心が所有する日本刀。刃と峰が逆さになっているので、普通の刀と同じように人間を斬っても殺めることはない。もちろん逆側の刃を使えば斬る事ができる。作中では剣心が「人間以外のものは容赦なく斬り捨てる」と語り、実際に相手の武器などを斬っている。

なお、刃と峰が逆になっている事から、普通の刀と比べて鞘から抜く時の滑りが悪く、抜刀術には適さないと作中言及されているが、緋村剣心は神速と評される飛天御剣流の達人であり、さらに抜刀術が避けられた際の攻撃も心得ているため、この点を全く感じさせない強烈な抜刀術を度々繰り出す。

本作品の作者・和月は、「主人公に人を殺させたくないが、竹光木刀では格好が付かない」と考えていた時、「峰と刃を逆にすれば普通に斬った時は峰打ちとなり人は死なないのでは」と考え、この刀を登場させたと語っている。

作中の逆刃刀編集

逆刃刀編集

幕末の刀工新井赤空が、剣客を辞めて流浪の旅に旅立とうとする剣心に、「剣を捨てることで人斬りであったことを忘れるな」という思いを込めて授けた。以後剣心の愛刀として活躍してきたが、新月村での瀬田宗次郎との戦いで折れてしまう。 尚、この刀は、後に剣心が使用する「逆刃刀・真打」の影打に当たる。

逆刃刀・真打編集

京都・白山神社に御神刀として奉納されていた、新井赤空最後の一振り(御神刀として奉納されていた為か、登場当初は鞘も柄も白木拵えだった)。その刀身には、殺人剣を作り続けた赤空の、平和を願う辞世の句が刻まれていた。 飛天御剣流では「師匠・比古清十郎の命と引き換えに奥義を習得する」という習わしが存在するが、剣心の奥義伝承の際、この刀の目釘が緩んでいたおかげで十三代・比古清十郎は死を免れている。まさに「不殺」の念を貫く剣心の為に生まれた刀と言っても過言ではない。

本作の最終幕、15歳の誕生日を迎えた明神弥彦に「不殺」の信念と共に託された(更にOVA『星霜編』では、弥彦から緋村剣路に託される)。 ちなみに和月の構想では、後に剣路と明神心弥(弥彦と三条燕の息子)がこの刀の継承を巡って争う宿命にあるとされている。

その他編集

類似の武器編集

『るろうに剣心』完全版における緋村抜刀斎の再筆で抜刀斎の愛刀として新井赤空初期型殺人奇剣「全刃刀」という刀が登場している。こちらは峰と刃を逆にして殺傷力を抑えた逆刃刀とは対照的に、峰と鍔も刃となっている両刃の日本刀である。なお、両刃の日本刀は実際に存在する。しかし、この刀には峰がある。日本刀#造り込みの分類を参照。

実在の武器としては「鉄刀」という刃がまったく付いていないの鉄の板に刀の拵えをつけた武器が存在する。逆刃刀とは「通常に使用しても峰打ちになる」という意味で共通する武器であり、捕縛用具としても用いられた。

破壊力編集

漫画ファンの要望から作成された同形状の模擬刀を使用して、逆刃刀の破壊力を検証する企画が探偵ファイルにて行われており、結果はパイナップルを一刀両断している[1]。このことから、たとえ刃が入っていなくとも、十分な強度と質量を持つ鋼の板であれば、殺傷能力は十分にあると考えられる[2]。本編開始前の読み切りでも、剣心らしき流浪人(維新後の本名は明かされていないものの、本編でいえば剣心)が「骨の数本はへし折れる」と発言している。実際作中でも、前述の奥義継承の際は、危うく比古清十郎を死なせそうになった。剣心の逆刃刀で死人が出ないのは、彼の絶妙な力加減や戦術(急所を外す、相手の武器を破壊する、説得する等)によるところが大きいと言える。

なお、『るろうに剣心』作中は廃刀令が出た時代であるが、剣心の逆刃刀は(少なくとも剣心の住んでいる地域の町では)「仕込み杖よりも安全な代物」として不問とされている。ただし、読み切り版や京都編で東京を離れている時は廃刀令違反で追いかけられる事もあった。

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 「ラストサムライ・斬鉄剣!!!Ver.4」 探偵ファイル - 2004年1月7日
  2. 模擬刀として販売されているものは、銃刀法に抵触しないために刀身は鋼ではなく、亜鉛合金等の刀剣には適さない材質で作られている。

関連項目編集

テンプレート:Weapon-stub

ar:ساكاباتو es:Sakabatō it:Sakabato pl:Sakabatō ru:Сакабато

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki