FANDOM


雪代 縁(ゆきしろ えにし)は、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場する架空の人物。

声優は佐々木望

プロフィール 編集

来歴・人物 編集

剣心の妻・雪代巴の弟。

姉である巴とその許婚・清里を抜刀斎に殺された復讐のため、抜刀斎への人誅を計画する(巴が殺された当時は敵討ちは許されていたが、1873年に禁止された)。また、擬音語がしばしば漢字で表記される事がある(例:ニィィィ=破顔)。第一印象は、巻町操いわく「意外と整った顔立ち」。

物心付く前に母親を亡くし、巴を母親のように慕っている。剣心への復讐のため京都へ向かった巴の後を追い、縁もまた単身京都に赴き、闇乃武と関わりを持つ。姉の居場所を探し当て無事再会するも、彼女の心境が変化していたことにショックを受け、その場を立ち去る。しかしその後、結界の森で起こった闇乃武との死闘の末、剣心の手によって巴へ下される悲劇の瞬間を偶然目撃する。そこから縁と剣心との私闘が始まった。

その後、東洋の魔都と言われた上海に少年の身で移り、地獄のような修羅場に身を投じる。大陸で独自に発達した剣術・倭刀術を独学で習得し、若年にして上海武器マフィアのボスに登りつめる。日本人なのに片言であるのは、長い上海生活のせいで日本語の発音を忘れかけたため(OVA版では普通に話している)。その後、縁が率いる組織は世界最新鋭の兵器の数々や、志々雄真実一派に甲鉄艦を売り、艦隊すらも編成できるほど強力なものに成長した。個人の実力も人知を超えたものに成長、組織を純粋な力による統率を可能とするほどの絶大なる闘争力、剣心をもってしても自らの剣を上回るとすら言わしめる圧倒的な剣術と身体能力、何より剣心への復讐心に裏打ちされた強靭な精神力を有する。それ故に常時から精神が肉体を凌駕した状態にあり、肉体的な痛みを全く意に介さない(剣心との2度目の戦いで龍鳴閃を受けた時、守るもの(巴)が奪われた自分に防御は必要ないことを語っている)。また、長年衰えなかった剣心への憎しみによって異常発達した神経による特異体質狂経脈への進化をも可能にした。飛天御剣流の飛翔技を全て破り、九頭龍閃、天翔龍閃すらも完全に打ち破った作中唯一の人物である。

剣心への復讐の中で一度は天翔龍閃をも破り、剣心を完膚なきまでに叩き潰し、当初の目的であった人誅を完遂する。しかし、それと同時に自分の中の巴は笑顔を失ってゆく。最終決戦では、薫を救うこと、そして人生への答えを見つけ出したことで、かつてない決意とともに復活した剣心をも全く寄せ付けず、一歩手前まで追い詰める。すでに剣心を完全に制している状態であったが、その後さらに狂経脈を発動する。斎藤、蒼紫、左之助は、縁の実力が完全に剣心を上回っていることを悟るが、恵、縁自身から狂径脈の特性についての説明を聞くことで、逆に剣心に弱点を見破られ、龍鳴閃で平衡感覚を破壊される。最後はかつてないほどに強化された天翔龍閃(それまでに天翔龍閃を何度も見ている冷静な斎藤や蒼紫ですらも驚愕するほどのものであった)を前に、刹那、尚も立ち向かおうとするが、巴の微笑を取り戻すことはできず、戦意喪失。直後、呉黒星の凶弾から薫の命を救うものの、警察逮捕・連行される。その時に薫から、巴が15年前の出来事の真相や、自分の真意などを綴った日記帳を受け取る。後に警察から脱走し、失った巴の笑顔を取り戻すため、自らの犯してきた罪に対する償いを模索する。その際に、自分の実父と再会し、お互いにどことなく気付いているようだが、2人とも敢えて言及していない。

アニメでは、OVAの『追憶編』『星霜編』に登場。テレビでは『人誅編』は放送されることは無かった。

倭刀 編集

倭刀(ワトウ)。詳しくは、倭刀を参照。

拵えは異国風だが、刀身は紛れもなく日本刀。かなりの長物で、室町中期以降定番となった打刀ではなく、室町前期まで主流だった太刀の方であるとしている。

倭刀術 編集

日本の剣術をもとに大陸で独自に発達した剣術。日本剣術の速さと日本刀の切れ味に加え、大陸の破壊力ある体術としなやかな動きを取り入れることで、斬撃に何らかの勢い(技ごとに異なる)を乗せて攻撃する。縁のものは、独学のため我流交じりになっている。

蹴撃刀勢(シュウゲキトウセイ)
跳躍と同時に斬り上げた刀の峰を蹴り、足刀の威力をのせて斬撃の威力を倍加させる。
回刺刀勢(カイシトウセイ)
敵の斬撃を柄尻で受け流し、その勢いを利用して体を半回転、その勢いをのせたまま相手を突く。
朝天刀勢(チョウテントウセイ)
刀を地面に立て、柄尻を踏み台に跳躍する。
掌破刀勢(ショウハトウセイ)
掌から刀を押し出し、掌打の勢いをのせた剣撃を敵の真上から斬り下ろす。
轟墜刀勢(ゴウツイトウセイ)
敵に刀を刺した後、力まかせにそのまま相手を高く持ち上げ、落下重力を乗せて地面に叩きつける技。
疾空刀勢(シックウトウセイ)
跳躍の最高点で倭刀の重さと倭刀の振ることで生まれる反動を利用して更に加速し、敵に向かって突進する技。荷重のかかる剛刀としなやかな筋力があって初めて可能となる、空中を疾走する技。
戰嵐刀勢(センラントウセイ)
足を軸に回転を繰り返し、その遠心力を利用して連続斬りを行う。ちなみに虎伏絶刀勢と同じ構えに見えるが、こちらは刀を右手で順手に持つ。九頭龍閃と互角に打ち合う程の激しい連続斬り。
虎伏絶刀勢(コフクゼットウセイ)
倭刀術絶技。左手で刀を逆手に持ち、刀身を背中につけるという独特の構えを持つ。地に深く沈み込んで敵の攻撃を避けつつ、その大地の反動を利用、刀を半回転させる事で、その大地からの反動力を全て乗せたカウンター攻撃となる斬撃を放つ縁最大の必殺技。

狂経脈 編集

正確には戦闘術ではなく、縁の特異体質。長年眠る事無く脳が活動し続けてきた結果、異常発達した各種神経のこと。常に神経が過敏に働いているわけではなく、縁の任意によってその力を発揮する。

飛天御剣流が先読みによる行動を含めて神速を発揮しているのに対し、狂経脈は反射神経が高まる事で相手の行動を見てから動いても間に合う速さを実現し、縮地を超える超々神速での動作・反応が可能。他者の戦闘を見て殆ど動じることのない斎藤や蒼紫ですら、その人智を超えた動きには驚きの表情を見せ(他に二人が動じた表情を見せるのは剣心と志々雄の戦いの時のみ)たほどである。

だがその半面、痛覚などのマイナスとなる感覚までも倍化してしまう(つまり防御力が下がってしまう)諸刃の剣でもある。痛覚については先述の通り最初から精神が肉体を凌駕している状態であったために問題が無かったが、通常の聴覚でも、聴覚が麻痺するほどの音撃を耳に放つ、龍鳴閃を受けての三半規管の麻痺まではどうする事も出来ず、まともに立つことが出来なくなった。しかし力は依然として異常なもので、振り下ろした刃の衝撃が数十メートル先の地点にまで到達し、海を割るほどである。

備考 編集

完全版21巻での剣心再筆:剣心の噂を聞き、京都にどこからともなく現われ、東京へ戻った剣心を追っていくという設定に。表情は虚ろでボロボロの風体。火が通ったり味のあったりする食べ物は全く胃に受け付けず、生きたねずみを丸かじりするなどまともな人としての生活を送っていない。もうロクに斬れなくなっている(再筆版の)巴の懐剣と対をなすを振るう。柄尻を鷲掴みにして回転を加えつつ振るうという独特の刀捌きをする。純粋な戦闘能力は志々雄や斎藤はおろか鵜堂刃衛にも及ばないという設定ながらも恐るべき復讐心から生まれる力で、斎藤、蒼紫左之助、弥彦と戦い、重傷を負いながらも彼らを撃退する。その都度兇気と執念を増していき、最後に剣心と戦う。花札の数値では「0」というある意味でジョーカー'扱いであった。

後に、武装錬金の早坂秋水は縁のリボーンとなったと作者は語っている。


ar:يوكيشيرو إنيشيes:Yukishiro Enishi

fr:Enishi Yukishiro it:Enishi Yukishiro pt:Yukishiro Enishi

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki